ショッピングカートを見る

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

掲載誌情報

リンク

おすすめ商品
ホーム Buzz Rickson's JACKET バズリクソン A−2 ラフウェア社 85th FTR. SQ  BR80542-01
バズリクソン A−2 ラフウェア社 85th FTR. SQ  BR80542-01

A-2と言えばあまりにも有名なコントラクターのラフウェア社。計5回の納入を果たした同社のこのモデルは1942年契約の3番目にあたります。米陸軍航空隊は1942年の途中から“プロパティー・エアフォース”の表記を義務付けしたため、2枚のラベルを重ねて縫い付ける、いわゆる2段ラベルが特徴となっています。また、台襟の付いた大型の襟などラフウェア社らしい迫力のあるフォルムです。このジャケットに使用されている革は、イタリア産の原皮を樹皮から抽出したタンニン槽に漬け置きし、濃度を変えながらゆっくりと時間をかけて鞣されています。丹念に鞣された後、職人の手によってシールブラウンのアニリン染料が擦り込まれており、多少の色むらがあるのは手作業ならではの証で、革の愛好家からも好まれる仕上げです。アニリン染料で仕上げた革は、ラッカー仕上げと比較すると色に透明感があるので、使用感や経年変化で革自体に表情が出やすいのが特徴で、渋液と染料が革の奥底に宿るこのジャケットは、表皮が艶膜に覆われるまで着倒したいジャケットです。シンプルで美しいシルエットは、ミリタリースタイルのみならず、色々なスタイルに使えるジャケットであることも人気の高い要因です。


ドクロに羽根の生えた部隊章のデザインを持つ第79戦闘大隊は1942年に活躍を開始しました。同隊は創設
当初、第9空軍に所属し、北アフリカ戦線従軍しています。第9空軍はその後イギリスへ移動しましたが、1943年に第12空軍に転属となり、ドイツ降伏まで地中海及びイタリア方面の戦いに従軍しました。大戦中の同部隊章はその殆どがハンドペイントで仕上げれたパッチで、 絵心のある者が競い合っていたことは想像されます。ハンドペイント製のこのパッチは更に絵柄を鉄のペンで手描きの焼き処理を施し、立体的に仕上げ た非常に凝ったもになっています。背面にはこの部隊の愛称がシックにハンドペイントされ、派手なバックペイントが多い中にあってシンプルですが粋な仕上がりを持つ一着7になっています。



店頭でも販売しておりますので、売り違いの際はご了承下さい。

画像について
商品の画像はなるべく実物と近くなる様画像処理をしていますが、処理技術の限界や、お使いのモニターやパソコン周辺機器などの違いによりHP上の画像と実際の商品の色とが相違する場合が御座います。予めご了承下さい。ご不明な点はお問い合わせください。



* 寸法はメジャーで測っておりますが、多少の誤差はご了承下さい。 

品番 BR80542-01
定価 170,640円(税込)
販売価格

170,640円(税込)

購入数
・ サイズ

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、ドメイン拒否を解除していただかないと弊社よりのご案内メールがお客様に届かないことがございます。お手数ですが「kbh.biglobe.ne.jp」のドメイン拒否解除をお願いいたします。